【2021年最新】Googleサイトを使用した活用事例やレイアウトをご紹介

Googleサイトで作ったホームページ サイト 事例

Googleサイトって簡単にホームページや、サイトを作成できるって聞いたのですが、どういったことに活用できるのでしょうか?またレイアウトとか難しいですよね。何か参考になるものありませんか?

こんな悩みを解決します。

Googleサイトは活用方法や、操作方法、レイアウトがある程度わかってくると非常に使えるツールです。

しかし、私もGoogleサイトを使い始めたころは、操作は難しくないですが活用方法や、レイアウトに非常に悩みました。

こんな方向けに記事を書いたのでぜひ参考にしてください。

これからGoogleアカウントを作成したいという方は、下記記事の『Googleアカウントの追加方法』を参考にしてください。

Googleアカウントって複数持てるの?追加方法から管理方法まで解説!
Googleアカウントは複数もてます。その取得方法から管理方法まで解説。

尚、Googleサイトよりワンランク上のサイトを作りたいという方は、下記のノーコードで製作できる『bubble』の紹介記事もチェックしてみてください。

【2021年11月最新】ノーコード初心者がbubbleで Twitterのような簡単なSNSを2時間で製作!
プログラミングで挫折してアプリ製作を諦めてませんか?今話題のノーコードのbubbleを使えばそんな悩みを解決してくれます。初心者の僕が作ったアプリを載せているのと、無料で教えてくれている先駆者たちを紹介しているので参考に読んでみてください。
スポンサーリンク
記事内広告‐1

Googleサイトとは?

Googleサイトとは、Googleが無料で提供しているホームページ作成ツールです。

専門的な知識などいらず、インターネット上にサイトを作成できるのです。

また、豊富なテンプレートがあり、他のGoogleのサービスとの連携ができるため非常に使いやすいです。

  • Googleアカウントを持って入れば,誰でも無料で使うことができる。
  • HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミングを一切使用しなくてもサイトが作成できる。
  • GoogleのサービスなのでWorkspace(スプレットシート、ドキュメント、スライド、カレンダー、YOUTUBEなど)、との連携も非常に良い。
  • 他のユーザーとの共同作成が可能。

上手く活用すれば非常にいいツールなんです。

Googleサイト内でテンプレート提供開始

私が一番困ったのが、サイトのレイアウト(デザイン)でした。

こんなサイトを作りたい、こんな風にするにはどうすればいいのかなど、色々とググりながら作成していたのでかなり時間がかかっていました。

しかし、2020年4月よりGoogleサイトがサイトのテンプレートを提供し始めました。こちらを使用してサイトを作成していくと時間の短縮になると思います。

Googleサイトで作ったホームページ サイト 事例

 

Googleサイト上部のテンプレートをクリックすれば使用できます。

これにより質の高いレイアウトが簡単に作成できるようになりました。もちろんこちらも無料で使用できます。

また、上部に表示されているもの以外に、右上のテンプレートギャラリー(赤枠)をクリックすれば他のテンプレートがでてきます。

Googleサイトで作ったホームページ サイト 事例

 

仕事・エンタープライズ・小規模ビジネス・パーソナル・教育と分かれており、自分の使用用途にあったテンプレートを探して使用してみてください。

全く初めてからGoogleサイトを作成するよりも断然効率的です。

 

Googleサイトで作ったホームページ(サイト)を紹介

それでは私がGoogleサイトで実際に作成した会社ホームページ、社内進捗管理サイトなどいくつか紹介致します。

会社ホームページを作成したものを紹介

株式会社ヒラノ

Googleサイトで作ったホームページ サイト 事例

YOUTUBE動画をメインに、動画を貼り付けて作成しています。先にも説明しましたが、Googleのサービスなので、Workspace関連との連携は本当に良いです。

しかも、下の方にインスタグラムも掲載しています。他のSNSサービスなども貼り付けられるのでとても便利です。また、こちらのホームページには独自ドメインも付けています。(ドメインは、他のサービス(お名前.comなど)を使用して取得してます。)

独自ドメインを取得したい方はこちら⇩

このホームページであれば、素材(ロゴ・画像・動画)がある前提で、1日あれば作成ができてしまうと思います。

Youtube動画の貼り方

今回紹介したようなYoutube動画をGoogleサイトに貼り付ける方法をご紹介いたします。

まずはGoogleサイトを開いたら、右側のメニューバーの『YouTube』をクリックしてください。

 

クリック後、下の画面が出てくるので、赤枠の中に検索キーワードを入力してください。

今回の紹介した株式会社ヒラノの場合は、YouTubeチャンネル『ヒラノTV』があるのでこのキーワードを入力します。

 

キーワードを入力すると、『ファイルの選択』が開き検索された動画がでてくるので貼り付けたい動画を選びクリックしてください。

 

下の画像のようになれば成功です。画像の大きさは調整できるのでお好みで変えてみてください。

今回説明した方法の他にも右側メニューバーの『レイアウト』からもできます。基本的な操作は変わらないので試してみてください。

会社ホームページに商品紹介ページを作成

株式会社ヒラノで『PAGE-01-』というキャンプ用品ブランドの販売を始めたので、商品紹介のコンセプトページをデザインし作成しました。

PAGE-01- コンセプトページ

Googleサイトで作ったホームページ サイト 事例

 

画像や動画の素材が揃っていれば、こんなWEBページもデザインし簡単に作成できます。

また、このPAGE-01-は商品をネット上で販売するECサイトがあるため、リンクボタンの設置や、商品画像にリンクを貼っておけばクリック後、購入画面に遷移することができます。

活用方法 進捗管理サイト(社内共有用)

こちらは社内用で使用しているオーダー管理シートサイトです。スプレットシートで作成している各顧客ごとのオーダー管理シートを貼り付けてあるサイトとなります。

社内で使用しているため、皆さんにお見せすることができずすみませんが、正直こちらのサイトこそ皆さんに詳しく紹介したいです。次回仕事とは別で自作で作成して公開しようと思っております。

こちらの管理シートサイトは下記利点があり使用しております。

  • 顧客ごとのスプレットシートの管理表を一元管理できる。
  • 同じ会社だが、拠点が離れている場合だと共有が容易。
  • デスクトップにショートカットを作れば、ワンクリックで全体を見ることができる。
  • スプレットシートなので、共同作業が可能。

こちらのサイトもすでに使っていたスプレットシートで作成したオーダー管理シートを貼り付けてあるだけなので、簡単に作成することがでました。

簡単に作成できた割には、非常に活用できるサイトです。

また、共同作業ができるので、拠点が離れていても同時に編集が可能なためとても便利です。

私の会社もグループ会社の拠点が、国内・国外と分かれているためこのサイトは非常に役だっています。

ちなみにこちらのサイトでは、GoogleDriveを活用してお客様とデータのやり取りもしております。クラウドでのやり取りなので、非常にスムーズに仕事ができます。

*Googleドライブについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

『Googleドライブ』の共有がテレワークに非常に便利!まさに今必要なGoogleドライブの使い方について解説
Googleドライブであれば色々なデータを簡単に共有することができるのでテレワーク等に最適です。しかも無料でデータの保存も安全にできるため大変便利なツールです。具体的な活用事例も記事にしてあるのでぜひ参考にしてください。

またサイトなので、下記のように別ページに顧客別の受注グラフを掲載し、チーム全員が閲覧できるようにしています。

こちらもグラフと表ともに、スプレットシートで作成しGoogleサイトに掲載しています。これによって顧客ごとのオーダー数の推移がすぐに確認できるようになり大変便利です。

 

まとめ

皆さん、Googleサイトの活用事例や、レイアウト等参考になりましたでしょうか?

今回紹介したサイト以外にまだまだたくさん活用方法はあると思います。(正直レイアウトについては他の人がもっと上手に作成していると思います。)

特に、このGoogleサイトは社内サイトとして活用するのが大変適しています。他のWorkspaceのサービスを駆使しながら作成すれば、もっと面白いサイトができると思いますね。

やはり見た目については、きちんとした制作会社には敵いませんが、その分簡単に作成でき、カスタマイズもすぐできるため非常に便利です。そのため、費用面はもちろんのこと、ちょっとした社内・社外の共有に適しています。

今後ビジネスのデジタル化がどんどん進んでいき、社内の情報もあふれていくと思います。その情報の整理についてもこのツールはかなり使えると思います。

最後に、今回紹介したサイトとは別に、今後Googleサイトで面白いサイトや、便利なサイトを作成できたら、第2弾の記事を書きたいと思っております。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました